一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「健康であるな」というトラウマ

2010.02.13 (Sat)

ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもコメント及びランキング応援などなどありがとうございます。
はじめに、お礼申し上げます。


今日は、「健康であるな」というトラウマについてお話をすすめていきます。




「健康であるな」





このトラウマを持つ人の行動パターンは大きく分けると2つあります。




一つは、具合を悪いことを言い訳にして反発したり、または「しなくてはならないこと」をせずに、最終的に悪い状態になっていくパターン。





そして、もう一つは、具合が悪いにもかかわらず、それを隠して無理をしてしまい、結果として悪い状態になっていくパターンです。





このトラウマを持つ人たちに共通して言えることは、

「不健康」に対して「恐い」や「不安」という感情をあまり使わないことです。




つまり病気やけがをすることで自分の身体が害されることより、

不健康になることで、「周りから、自分がどう扱われるか」ということに関心があるのです。




思い通りに「大切に扱ってもらえなかった場合」には、

悲しいことに、命をかけてまで「不健康」な状態を無意識で作ることさえあります。





では、なぜ自分の身体を害するようなトラウマを選択してしまうのでしょうか?




この「健康であるな」というトラウマは、幼児期の体験に深く関係します。
幼児期の体験において、それが「安全か」「安全でないか」が、とても深く関係します。



小さな頃に、不健康な人たちが特別に大切にされるのを見たり、
「自分が不健康なときだけ」大切に扱われたりすると、



「病気をしているほうが大切に可愛がられるから安全だ」と思い込む可能性があります。




また、逆に病気や怪我をした時に「強く怒られたり」「無視」されたりすると、


「不健康であることは安全でない」


と思い込む場合があり、この場合は怪我や病気を必要以上に隠そうとします。




私達は、このトラウマを持っていなくても病気や怪我をしてしまうことがあります。


しかし、それは自分が望んで病気や怪我をしているのではありません。
なので、早く元の状態に戻ろうと最善を尽くして病気や怪我を治そうとします。




でも、この「健康であるな」を取り入れてしまった人は、

「不健康」であることで周囲の関心を引ひこうとします。



そして、自分の身体を痛めてまでも人に振り向いてもらおうとします。




逆に、病気や怪我を隠そうとする人たちは、最終的には人から世話をしてもらわなければならない状態にまで悪化させ、自分を追い込んでしまいます。


どちらも結果的に同じパターンをとります。


そして、何度も何度も病気を繰り返すことがあります。





最後になりますが、子どもが育っていく中で、親との「相互依存関係」は、とても大切です。



これを「共生関係」と呼びます。



この「共生関係」が十分満たされれば、やがて子どもは自然と自立していきます。




しかし、子どもが必要とする「共生関係」を親が満たしてあげられなかった場合、



その子どもは、一生をかけて、その満たされなかった「共生関係」を取り戻そうとします。




つまり、自分の健康と引き換えに周りと「共生関係」を結ぼうとするのです。




一度、不健康な状態において「安堵感」や「幸せ」を感じることが出来る「共生関係」を結ぶと、それを続けるために、常に「不健康」でなければならなくなります。



多くの人は、不健康な状況だけを見ているので、その要因が幼児期の親子関係にあるとは想像もつかないと思います。




なぜ、いつも身体を壊したり怪我を繰り返したりするのか?



それは、満たされていない「共生関係」が根本にあるのかもしれません。



そして、幼児期に足りなかった「共生関係」を他に求め、
自立することのない人生を自分で作りあげている可能性があります。



共に生きる、共に育つ、そのひとつひとつの温もりが将来的に大きな幹となり、そして素晴らしい花と実をつけます。


人気ランキングに参加しています。
よろしければ「ポチっと」投票クリックお願いします

   ↓          ↓   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。
おきてがみ

★毎日、ドキドキ・わくわくしながら過ごす方法は→ ここ
携帯からの投票→携帯ブログランキング投票
スポンサーサイト

コメント

怖いですね・・・。

おはようございます!
健康でない方が安心するなんて(>_<)
病気は辛いこともいっぱいあるのに・・・
それでも興味をもたれる方がいいんですね。
それほど寂しいってことでしょうか・・。
闘病中の私には、なんとも悲しいというか(T-T)
そうなんですね。。。
トラウマ、怖いですねぇ。

ん・・・なるほど。

分かる気がします・・・
わたしの母もそうだったのかもしれません・・・2年前に亡くなってしまいました・・・
わたしもそうかもしれません・・・いつも虚しい気持ちにおそわれてしまいます・・・かっこわるいのですが
娘もそうかもしれません・・・いま14才です。学校に行っていません・・胸が苦しいとたまにいいます・・・

「共生関係」・・・どのようにすればいいのでしょうか

こんにちは。。。
今日も私はアッシー君です。相棒に娘に息子と別々にスケジュール満載のためあちらこちらに送迎中(笑)
送迎待機中にアソコモ君でコメ書きです。
それでは本題ですが私は不健康派かもです。
意識して不健康にしているわけではありませんが結果的に不健康促進派だと思います。あららら・・・・

ただいま自宅帰還でPCから続きをコメ書きです。
人間一人では生きていけない動物だと思います。
人と人の関わりで幸せになり、人との関りでストレスになる方もいらっしゃると思います。
しかしながら、ストレスになってしまう方もコミュニケーションを一切絶ってしまっては一人では生きていけないのもたしかです。

私の会社にもコミュニケーション下手な方々が数名おりますので
時々アドバイスしますよ。
自分から声掛けをしなければ誰も貴方に寄っては来ませんよ。
自分からくどいくらいアピールをしなければと・・・
会話の内容は面白くなくとも真面目な会話でも自分からアピールしなさいと!なにせサービス業なんですからねと・・・(笑)

ではでは・・・どんなスタイルでもコミュニケーションは大切ですね。
 

『病弱な自分が好き』と言う方もいらっしゃいますからね。
特に女性に多いかな。
不健康をアピールすることで
まわりの注目をひこうとする方。

私なんかは態度がデカイので
体調が悪くてもそう見られないので困ってます(笑)

私の友人に一人、自傷行為がやめられない人がいます。
友達の家だろうと、カラオケボックスだろうと所かまわず、です。
更には、朝から深夜までお酒を飲み続けたり、薬を過剰服用してみたり。
これは『健康であるな』に当てはまるのでしょうか?
今は私も疲れてしまって、付き合い辛くなってきています。

トラウマ。奥が深いですね。
いや、深すぎます。
決して自分の子供には残したくないと、トラウマシリーズを読ませていただきながら強く思います。
今日もためになるお話をどうもありがとうございましたm(__)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。