一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「属するな」というトラウマ

2010.02.09 (Tue)

ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもコメント及びランキング応援などなどありがとうございます。
はじめに、お礼申し上げます。




今日は、「属するな」というトラウマについてお話をすすめていきます。



このトラウマに関しての捉え方は、研究者によりいろいろ違う部分がありますが、
一般的な考えとして参考にしてください。


なので、全ての人に100%当てはまると言う類のものではありません。個人差がもちろんありますので、ご了承ください。



また、これからお話しする「トラウマ」については、交流分析(TA)の第一人者であり、日本Share&Care協会代表の池田登氏の著書「トラウマにさよならする時」を参考文献としてお話をすすめていきます。

私自身、池田先生の臨床の現場を数々体験させて頂きましたが、交流分析を使った素晴らしい心理療法家です。






「属するな」




この「属するな」のトラウマを持つ人たちの特徴は、「集団」に属することが難しくなります。



集団に入ったとしても、


「そこから直ぐに出てしまう」


「その中で孤立してしまう」


ということを繰り返してしまいます。



なぜなら、そこが危険と感じているからです。
とても緊張し居心地が悪いと感じます。



そして、


集団の中で嫌われるような行動をとったり、職を転々とし、最終的には孤独な寂しい人生を送ることが多く、人間関係や社会関係を切っていく傾向があります。



では、「属するな」のトラウマを持つ人が具体的にどのような行動を取りやすいか見ていきましょう。



「属するな」のトラウマを持つ人は、大きく三つのタイプに分けられます。



一つ目は、属する組織やチームの中で批判的になりやすいタイプの人です。


このタイプの人は、組織の一員として協力して行動するのではなく、会社などの組織やその中にいる人たちに対し批判的になりがちです。


そして、周りの人たちは敬遠するようになり、近づこうとしなくなります。


しかし、組織内では比較的目立つタイプでもあります。




二つ目のタイプは、組織に属することを「恐い」と感じ、組織に入ろうとしない人です。


組織に入らない理由として、


「私は、その組織に入る価値がない」

「周りの人は、私を必要としていない」

「私のことなんか嫌っているだろう」

「自分の容姿に自信がない」


など「自己否定的」な思考が多くあります。

そのため組織では、ほとんど目立たない存在になっていくのです。




三つ目のタイプは、初めから集団に属することが難しい人です。


集団に対して大きな恐怖を感じており、引きこもりがちになる行動をとります。




これらの「属するな」のトラウマを持った人は常に、「怒り」や「恐れ」「悲しみ」を感じています。


人の中にいて、いつもこのような感情を味わうので、やがてその組織から離れます。


そして、次の仲間を見つけるのですが、また、その中でも同じような感情を味わうことになるので、再びその人たちからも離れることになるのです。



そして、



「なぜ、私だけがいつも人間関係で苦労するのだろう」

と思い込みながら「属するな」というトラウマを強化していきます。




このトラウマを持つ人たちの小さな頃の話を聴くと、

家族の中で冷やかされたり、いじめられたりと辛い目に遭った場合が多く、

「この家族に属するのはやめよう」と思ったというケースが多くあります。



または、夫婦げんかや兄弟げんかがよく起こり、家の中が「安全でなかった家庭」で育ってきたというケースもあります。



つまり、「家族というものは危険なもの」という思い込みをしているわけです。




また、家族に限らず、学校内の「いじめ」で不登校になった子供たちも、集団の中でこの「属するな」というメッセージを直接受けていることが考えられるのです。


とてもとても悲しいことです。



ですから、いじめを受けた人は、組織や集団に対し大きな「恐怖」を持ってしまっているので、「いじめ」が解決した後の「心のケア」がとても重要です。




最近の社会では、この「属するな」のトラウマを持つ人が増えています。



「いじめ」「登校拒否」「ひきこもり」


などなど社会問題として存在します。



そのような環境の中で、身近な子供達が、のびのびと社会や集団の中で自分を発揮できるために、

周りの「大人」や「親」が子供たちをしっかり守り、



そして、同時に私たち「大人」や「親」が、

組織や集団に「属する」ということを「どう感じ」「どう行動するか」がとても重要になってきます。


子供たちは、私たち大人の行動をしっかりと見ています。




そして、最後に

現在、トラウマについて解説をすすめていますが、心の中にあるトラウマを見つめるとき子供の頃(過去)の記憶がよみがえることがあります。


脳の中では、「記憶」と「感情」を納める場所は同じところにあります。


なので、「記憶」がよみがえると、その時感じた「感情」も同時によみがえる場合があります。



強く傷ついた記憶の場合は、強く心が動揺する場合があります。



そのようなときは、過去記事


「感情を癒す」


「セルフ・リペアレント」


を参考にして、「子供の頃(過去)の自分」と向き合い癒してあげてください。


子供の頃(過去)に感じ、思い込んでしまった思考パターン(トラウマ)は、成長した「今のあなた」には必要ありません。


成長した「今のあなた」が、「子供の頃(過去)の自分」を癒し、その「思い込み」(トラウマ)を解放してあげます。


何度も、ゆっくり、じっくり行いえば、それは可能です。


参考にしてください。


一票の応援がとても励みになっています。
よろしければ「ポチっと」応援クリックお願いします

   ↓          ↓   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。 

おきてがみ

キレイに痩せるためには、「痩せる科学」が必要です。
知っている人だけが、得する・痩せる・キレイになるのです。


携帯からの投票→携帯ブログランキング投票
スポンサーサイト

コメント

なんだかどれも当てはまっている気がしてきました。
(以前の記事も含めて)

多かれ少なかれ、あるものですかね?

思春期の頃から大勢の人ごみが苦手でした
みんなで、一つの方向に向かって移動したりすると
まるでベルトコンベアーに乗せられているようで
逆走したいよな衝動にかられたりしたものでした。

みんなと一緒に居ることは苦痛じゃないけど
自分は自分
私は私なんだよ!!って

流れに逆らうことを望むわけじゃなく
どこかでいつも、ひそかな自己主張をしていたような自分がいた

これも「属するな」のトラウマの なせるワザなのでしょうか?

とんみさんのブログを読むと
自分自身の心のひだを一枚ずつ
あらためてめくって見てるような 気持ちになります。
ちょっと 複雑なときもあるけど
気付きをくださる とんみさんに感謝です

ありがとうございます。

おはようございます。
トラウマの記事、すごく参考になりました。
いじめられた子へのケアーはとても大事ですね!!

いつも考えさせられます。

「セルフ・リペアレント」
やはり、大事ですね^^

『属するな』
難しいですよね(´・ω・`)考えさせられます。

「属するな」
物心ついたころから、このトラウマに
悩まされていたような気がします。
・・・が最近になって
なぜ「属したくなかった」のか。
自分なりにその訳を理解できた気がします。

こういう時、
自由という背中の羽を大きくなったように感じます^^。

 とんみさん~^~~♪
こんにちは☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆

ここ2,3日、春を思わせるような暖かさとなりましたね
昨日からPCの調子が悪くて四苦八苦しています
サブPCから訪問にきました☆⌒ヽ::

今日も華麗に満ちた
素敵な日々でありますように・:*:・゜☆


 ♪‥美咲‥♪

こちくんさんへ

そうですね。なぜか全てが当てはまる気になる場合がありますね。
大切なことは、各トラウマに自分を当てはめるのではなく、
日頃の生活で気になる・不快になる心の動きや行動を分析することです。
特に不快な想いや、後味の悪い行動(緊張や恐怖)がなければ、あえて当てはめる必要はありません。

凧さんへ

自分を深く振り返ると、少し気持ちが重たくなることありますね。
でも、成長した自分に、もう必要の無い「思い込み」を脱ぎ捨てることが
できたら、それはとても素晴らしいことだと思います。
変えることができるのは、自分自身しかありませんから。^^

あきさんへ

いじめや虐待も含め、解決したその後のケアがとても大切です。
あと、マインドコントロールもその後のケアがとても大切になります。

こんばんは(^-^)

私は不登校・引きこもり・若干の知的障害により学校に通えない子供達の集まるスクールに、時々絵を教えに行っています。
そこに通う子供達は、勿論スクールで上手くやっていくことも難しいのです。
3日に一回は何か問題が起き、結論が出ても出なくても長時間話し合いをします。

そんな時に、とんみさんの書いてらっしゃる「感情を癒す」みたいな事は他人でも少しずつ行えるでしょうか?
スクールの校長先生は、子供達からまず信頼を得て、同じようなことをされているように思うのですが。


応援(*´I`)σ”ポチ

にゃあもさんんへ

セルフ・リペアレント。
ゆっくり、じっくりが大切です。^^

こももさあんへ

解説不足ですみませんです。^^;

kaoruさんへ

何か感じるものがあれば嬉しいです。^^

美咲さんへ

PCも季節はずれの暖かさにびっくりしたのでしょうか。^^
生活の中でPC不調だと困りますね~。同感です。

HARUKAさんへ

他人がやる場合は、「再決断」といって、
過去にあった心の傷の記憶と場面を再度思い出していただき、
再度、周りの大人や親が守るというワーク(劇)のような演出をします。
例えば、いじめに逢った人がいれば、その状況を思い出していただき、
そこのをいじめっ子から周りが守るというワーク(劇)を行います。
そのいじめっ子を真剣にしかり、いじめを受けた子を守ります。
周りは安全だという再決断を行います。
遊びの劇ではなく、本当にそのときのこととして行います。
いじめの場合、その瞬間に守る人がいなかったことが問題なのです。
ですから、その瞬間に守られるという体験を再度していただきます。
その場合、かならず本人の意思確認が必要です。
その傷から脱出したいという強い気もちを確認します。
無理やりは駄目です。

遅れましたがこんばんは。
う~これは難しいですね。。。。私自身は派閥化は嫌いな人間ですし、
社内でなんの問題も起こしていないのに理由もなく
ただ単に好かんからいわゆる「のけ者」扱いするやり方が嫌いだからです。
だからと言って非合法な考え方を押し通そうとする考え方には
同感できませんので皆さんのまえで意見は、はっきり言うタイプです。
相手に対して自分の考えを一方的に押しつけるつもりはありませんが、
意見の食い違いの場合にはとことんお互いが納得するまで話しこむタイプです。
だから相手にしっかりした考えがない場合は私から遠ざかる場合もありますね(苦笑)
でも・・・考えがなかったら最初から口を出すなと言いたいときもありますね。
私は何時間でも話し込む長話好きですから(笑)

ではでは・・・・これは難しいトラウマでした。

しんのすけさんへ

しんのすけさんのお話を聴くと、いつも論理的だと感じさせます。
とてもわかり易く素晴らしいことだと思います。
「考えがなかったら最初から口をだすな」
とても分かる気がします。^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。