一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信じるな」というトラウマ

2010.02.08 (Mon)

ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもコメント及びランキング応援などなどありがとうございます。
はじめに、お礼申し上げます。




今日は、「信じるな」というトラウマについてお話をすすめていきます。



このトラウマに関しての捉え方は、研究者によりいろいろ違う部分がありますが、
一般的な考えとして参考にしてください。


なので、全ての人に100%当てはまると言う類のものではありません。個人差がもちろんありますので、ご了承ください。



また、これからお話しする「トラウマ」については、交流分析(TA)の第一人者であり、日本Share&Care協会代表の池田登氏の著書「トラウマにさよならする時」を参考文献としてお話をすすめていきます。

私自身、池田先生の臨床の現場を数々体験させて頂きましたが、交流分析を使った素晴らしい心理療法家です。






「信じるな」



この「信じるな」というトラウマを持った人たちは、「人を信じるには長い月日と時間が必要だ」という思い込みをしています。



「この人は、いつかきっと私のことを裏切るはずだ」

「今はいいけど、10年の間には裏切るかもしれない」

と言うよな考え方をします。



そして、「いつか裏切られるのでは」という思いに囚われるあまり、


「今ここ」での交流を楽しむことができません。



人の前では、自分を大きく見せたり、身構えていないと恐いので、いつも緊張し、そのことにエネルギーを費やして疲れてしまいます。



また、このような人は、無意識に周りの人から「信じられない」と思われるような行動を取ることがあります。


例えば

大きなミスをする。

ひどい嘘をつく。

借りたものを返さない。

約束を守らない。


といったことを繰り返してしまい、人の信用を失っていきます。


無意識に「私を信じないで下さい」と人に伝えるような言動をしてしまいます。



また、人が「信じられない」という感覚に囚われすぎると、


逆に「信じられる人」と「信じてはいけない人」の見分けがつかず、かえって騙されることが多くなります。



そして、「やっぱり人は信じられない」という、小さい頃からの思い込みを再確認し、別の意味で満足感を得ます。



反対に、人を信じている人は、目の前にいる人と「今この場」の交流を楽しみます。


人を信じている人は、信用されないような行動は取りません。


自分に出来ることと出来ないことをキチンと認識しているので、実行できないことを口にすることはありません。


そして、「信じ合える人」との交流にエネルギーを注いでいきますので、自然と周りには「信じ合える人たち」が集まってきます。


また、人を目の前にした時に緊張していることがないので、客観的に相手を観察することができ、その人が「信じられる人」か「信じてはいけない人」かの判断をつけることができるのです。




では、もう少し「信じるな」のトラウマを持った人の思考・行動パターンを見ていきましょう。



このトラウマを持っている人の結婚生活について考えてみます。



「愛し合う」ということは、「信じ合う」ことなしでは成立しないものです。



そのため「信じない」人たちは、


学歴がいいからとか、


資産を持っているからとか、


カッコイイからとか、


そんような条件を満たしていることで、その人のことが好きだと錯覚し、恋愛や結婚をする可能性があります。


そのため、常にどこか緊張した恋愛をしている場合があります。



また、相手のことを信用しきれていないので、相手が目の届かないところにいるとパニックを起こすこともあります。


「どこかで浮気をしているんじゃないか」


「自分の悪口を言っているんじゃないか」


などと疑ってしまうのです。



そして、絶対に裏切らない動物を飼ったり、植物を育てることばかりに意識を持っていくようになる人もいるのです。


このような家庭では、夫婦がいつも相手のことを疑っている状態なので、子供にも「信じるな」のメッセージを送ってしまいます。


ですから、子供は、同じトラウマを受け継いでいく可能性があります。



人を「信じない」ことは最終的には、誰からも信じてもらえないという孤独な人生を送ることになりかねません。



また、「信じられる」のは、お金と身内、ペットと植物だけ、ということになるかもしれません。




反対に、人を「信じる」という行動をとる人は、周りにたくさんの信じ合う人が集まり、助け合い、お互いを「信じ合う」ことを守ろうとします。



ですから、人に恵まれ、安全で豊かな人生を送ることができるのです。




人は「信じ合える」仲間・人がいることで救われると私は思います。




そして、最後に

現在、トラウマについて解説をすすめていますが、心の中にあるトラウマを見つめるとき子供の頃(過去)の記憶がよみがえることがあります。


脳の中では、「記憶」と「感情」を納める場所は同じところにあります。


なので、「記憶」がよみがえると、その時感じた「感情」も同時によみがえる場合があります。



強く傷ついた記憶の場合は、強く心が動揺する場合があります。



そのようなときは、過去記事


「感情を癒す」


「セルフ・リペアレント」


を参考にして、「子供の頃(過去)の自分」と向き合い癒してあげてください。


子供の頃(過去)に感じ、思い込んでしまった思考パターン(トラウマ)は、成長した「今のあなた」には必要ありません。


成長した「今のあなた」が、「子供の頃(過去)の自分」を癒し、その「思い込み」(トラウマ)を解放してあげます。


何度も、ゆっくり、じっくり行いえば、それは可能です。


参考にしてください。


一票の応援がとても励みになっています。
よろしければ「ポチっと」応援クリックお願いします

   ↓          ↓   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。 

おきてがみ

キレイに痩せるためには、「痩せる科学」が必要です。
知っている人だけが、得する・痩せる・キレイになるのです。


携帯からの投票→携帯ブログランキング投票
スポンサーサイト

コメント

自分は人には恵まれているつもりですが、お金には恵まれまていないような気がします。

なので今日の政治と金の問題などの話を聞くと腹がたちます。
これは自分は金に恵まれていないと思うトラウマかもしれませんね。私より恵まれていない人は沢山いるはずなのに、自分が金に恵まれないと思うことが恥ずかしく感じました。

とんみさん。こんばんは。。。
今日も素敵なトラウマありがとうございます。
昨日の「近づくな」本日の「信じるな」とも私には多分あてはまらないかも……(笑)です。但し社内には両トラウマ共いっぱい対象者がいそうですね(苦笑)
本日の「信じるな」ですが、自分が相手を信用してあげなければ相手も自分を信用してくれないと思います。
自分が相手をとことん信じ仮にうらぎられたとしても人間不信になんか、なる必要はないと思います。うらぎられた時に自分を誉めてあげる位の余裕を持ちたいな~と日頃から思っていますよ。
半端に相手を信用するから相手も自分を本当に信用出来ないのだと思います。
仮にですよ相手が最初から騙そうと言葉巧みに近寄ってきたとしても、よほどの悪人でない限りは相手を信じてあげる事で相手もこの人は騙せないと諦めるはずと信じています(笑)
ま~金銭関係の事はあとあと複雑な人間関係になってしまうので親しい友人ほど信頼とは別のものと考えていますが……(苦笑)

すみません長々とコメ書いてしまいました(笑)

ではでは……信じるものは救われる(笑)です。

誰かを疑うより 「騙されちゃった」って笑える人になりたいと
常々、思っています。

この歳になるまで騙されなかったってことは
恵まれた環境だったのか
騙されてても気付かないか  
どっちかですね(それもラッキー!!)

でも、信じてもらえず 悲しい思いをしたことが昔にあります。
信じてもらうためにジタバタしたなぁ・・

信じることが出来ない人って やっぱり居るんですよね
信じてもらえないことも悲しいけれど
信じることが出来ない人は
 もっと悲しい思いしてるんですよね

そうなんですよね
とんみさん。


こんばんは☆
「人を信じる」
これ、私も常々 大切な事って思っていました。

「頭でわかっていても、なかなか出来ないんだよな~」
そういう場面、日々たくさんありますよね。
そこには、トラウマが働いてるかもしれないんですね。
セルフケア、私も全部のトラウマのお話を聞き終わったら
試してみようと思います♪

私、とっても勘が鋭いので、
信じられる人と信じられない人というのが存在してしまっています。信じられる人のことは、とことん信じる。でも、そうでないと、拒絶してしまうところがあるんです。
でも、今日のお話をうかがって、やっぱり100%相手のことを信じられる人でありたいなぁと思いました。例え、それが、信用ならないと、私の脳が信号を送っていても。。。とっても難しいことですけどね。私の場合。
私の人生、やっぱり新たなステージへと挑戦していく時期にきているのかもしれません...
「感情を癒す」読ませて頂きました。
もう涙が溢れて、止まりません...
すっとんきょうなコメントだったらごめんなさい...
まだ涙が止まらずにいます。沢山泣いたら、なんだか心が軽くなりそうです。とんみさん、ありがとう。

おはようございます。
「信じるな」トラウマを持った人、近くにいます。
私にとっては大事な人です。
常々、なんでこの人はわざと人から遠ざかるような、
一人になることをするんだろうと思っていました。
もっと、理解してあげるべきでした・・・。

まわりを全て信じたいけど、そうはいかない世の中ですよねー。
世知辛いなぁ(;´Д`)

なるべく人からは信じてもらえる人間になりたいですね。

「信じるな」
これは、とんみさんが今まで書いてくれた「トラウマ」の中で一番辛いように思えました。
勿論どれも同じように辛いでしょう。
でも、持病と戦う私が、信じられない人間だったら?と考えてゾッとしました。もし持病がなくても、人を信じられない気持ち…とても恐いです。

近づくな・信じるなって共通ですかね?
片方だけはありえるんでしょうか?

なんとなく信じるなは当てはまらない気がします。
けっこう人のことを疑わないと思うのですが。。。
自分でそう思っているだけかなぁ

パンダさんへ

よくお金にマイナスイメージを持つと、お金と縁遠くなるとも言われますね。
お金は、生きていくために、とてもとても大切な物質ですね。^^
私は、「お金なんてあまり重要じゃない」と豪語してい若い頃を
今、とても反省しています、^^;
自分が発した言霊に悩まされています。^^;

しんのすけさんへ

まさしく同感です。
人間関係も、たぶん鏡の法則ですね。
全てに対し深い信頼関係は無理かもしれませんが、
これと決めた人にはとことんです。^^

凧さんへ

> 誰かを疑うより 「騙されちゃった」って笑える人になりたいと
> 常々、思っています。

とても素晴らしいですね。
私もそれぐらいの心の余裕が欲しいです。^^
>
> でも、信じてもらえず 悲しい思いをしたことが昔にあります。
> 信じてもらうためにジタバタしたなぁ・・
>
> 信じることが出来ない人って やっぱり居るんですよね
> 信じてもらえないことも悲しいけれど
> 信じることが出来ない人は
>  もっと悲しい思いしてるんですよね

ほんとそうだと思います。
火の無いところ煙は立たないではなく、
火の無いところに、あえて煙を立てるのが、
人を信じきれいない人かもしれません。
心が常に落ち着きませんね。^^;

ゆきぞうさんへ

全ての人を信じる。
それは、無理でしょうね。
でも、根底に人を信じる心が流れていたれば、
そのような関係の人が集めってくるのでしょうね。^^

りんちゃんさんへ

私も、信じられる人、信じられない人存在しますね。
それが風だと思いますよ。
記事でも書いたように、心の余裕がないと見極めできないですね。
「感情を癒す」はじっくり、ゆっくりですね。

あきさんへ

人は、環境においていろいろな刺激を受けています。
「良い、悪い」を簡単には判断できない場合があります。
いろいろな角度から、その人を理解することができれば、
それは素晴らしいことだと私は思います。^^

こももさんへ

私もできるだけ、信じてもらえる人間になりたいです。
でも、こびる人間にはなりたくないです。^^;

HARUKAさんへ

心に何かひっかかるものがありましたら、
ゆっくり、じっくり、慌てず、すすめましょう。
大丈夫です。成長した自分は、過去の自分を
必ず癒すことができます。

こちくんさんへ

それぞれのトラウマ。キレイな線引きができない面は確かにありますね。
わかれたり、絡みあったりします。
相手と戦わないために疑わないということはあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。