一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の暴力

2010.12.21 (Tue)

ご訪問ありがとうございます。







昨日小5の息子の学校へ話し合いに行ってきました。
実は、先週ちょっとした事件があったのです。





それは音楽の時間の出来事でした。






音楽の授業が始まると息子は、机の中に忘れ物があることを発見しました。





音楽の教科書とリコーダーです。
どうやら先に授業をした別のクラスの生徒のモノです。





息子は、その忘れ物を音楽の先生へ届けたのです。





すると先生は息子に対し、いきなり

「捨てなさい」と指示をしました。





「えっ?」とびっくりした息子は、再度先生に確認しました。

「捨てるんですか?」と・・・





すると音楽の先生は、みんなの前で
「最近忘れ物が多いことに困っている」と指摘した後に、
再度息子に指示をしました。




「捨てなさい」と。





息子は困りながらも渋々先生の指示に従いました。

でも、ちょっと気が引けたのでゴミ箱の中ではなく、ゴミ箱のふちに置くように教科書とリコーダーを置きました。




しかし、そのゴミ箱は、先生が立っている場所からは見えない位置にあったのです。
先生は、息子がゴミ箱の中に教科書とリコーダーを入れたと勘違いしてしまいました。





すると突然先生は激怒して・・・

「お前はバカか」と息子を怒鳴りました。





先生は罵声を浴びせるように息子に言葉を投げつけました。




「お前は、先生がウンコを食べろと言ったら食べるのか?」

「お前は、先生が一万円捨てろと言ったら捨てるのか?」




そして、ダメ押しで

「先生の家の犬のウンコもってこようか」

と、みんなの前で怒鳴りつけたのです。







あなたは、どう思われますか?






私は、許せませんでした。






それは、忘れ物を届けた者に言う言葉ではありません。





いや、人として発する言葉ではありません。
ましてや教育者が発する言葉であってはいけないのです。






たとえ百歩譲って「嫌味」だとしても

「先生の家の犬のウンコもってこようか」という最後の具体的な言葉は、
「嫌味」を通り越して「脅迫」に近いものがあります。






私は、どう考えてもその言葉を許すことができませんでした。





家に帰ってそのことを聴いて私が理解したため、息子は気持ちが落ち着いたようでした。
私が息子の納得いかない気持ちを理解してあげました。






でも、でも、私の気持は活火山です。
噴火寸前です。







ということで気持ちを落ち着け丁重に手紙を書き、
校長とその音楽の先生との面談となったのです。







「言葉の暴力について」話し合いをしました・・・






面談のやり取りについては、次回ご紹介します。





いつもブログランキング応援クリックありがとうございます。
ひとつの応援に本当に元気付けられています。この場を借りてお礼申し上げます。^^   
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。

おきてがみ

★若い頃と食べる量は変わらないのに太ってしまう→ 太る理由が痩せるコツ
スポンサーサイト

コメント

お気持ち察し致します。
私も許せません。 正しいことをしたのに。
こんな対応をされたら、次回から、見てみないふりの子供に育ってしまう。
現にそういう大人ばかりの社会に・・・

我が家も最近、財布を拾って交番に届けたら
警察から確認の電話があり、複雑でした。
我が子の確認と言ってましたが、
家の子を疑ってるのか?
どう理解したら・・・???

本当に余計なことをしない方が
いい世の中になりつつあります。

しかし、この問題の行方が気になります。

いつもかげながら応援しています。
その先生、おかしい。

おかしな大人もいる。先生って呼ばれてる人達にも。
ちゃんと学校に話をしにいかれて、素晴らしいです。
めんどうくさいと思っても、やらなきゃいけないことってありますよね。まともな大人の対応というものを示してくれるお父さんでよかったです。

ダブルバインドは

パワハラであり洗脳の初歩です。

v-70被害妄想が強いですね。

これは、いけない言葉ですね。
教師という立場を、権力者とはき違えていると思います。

言葉の暴力よりも、
私達が子ども時代の【悪い事をしたら、立たされる。正座させられる。】【こっぴどく怒られる】時代の方が良かったなぁ。
当時は、【怒られている私達も、怒られて当たり前】と理解できたもの。
理解できない。納得できない注意の仕方は、
犯罪だと思います。
このやり方は、間違っています。

MAMAGON

この方は教職を取るべき人ではありませんね!
こういう先生の為に登校拒否になった子供がたくさんいるし、そして先生が言った言葉と言うのは敏感に子供たちが真似します。
そしてそれが、いじめの発端と言うことも少なくありません!
こういう人は先生を辞めるべきです!
子供への悪い影響力が強すぎると思います。

ホント腹立たしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

慣れてしまった自分が怖いです

初めまして、言葉の暴力で検索してココにたどり着きました。

自分は親からの言葉の暴力・・・特に父からの『言葉の威圧』が
嫌でした。自分は年齢が35になりましたが、未だにトラウマから
抜け出せません。今は精神病院に通っています。

言葉の暴力は、例えば小学生の時に父の誕生日で親戚から
ワイングラスが届いた時ですが・・・自分が醤油だったか
調味料を取ろうとしたときに起こりました。

・・・もらったばかりのワイングラスのワイングラスをうっかり
どかさずにそれの上から調味料を取り、シャツの袖が
ワイングラスに触れそうになったんです。瞬間・・・

『このワイングラスを割ったら、これでお前の頭を叩き割るぞ!』

と怒鳴られました。目を三角にし、鬼のような形相で。
さすがに、『そんなので殴られたら、僕がし んじゃうよ!』
と涙ながらに言い返しました。でも目を吊り上げて狂ってました。

叩き割る・・・そう、その頃に流行っていたのは北斗の拳や
キン肉マンなど比較的ヴァイオレンスな場面が多い漫画。
でも自分は好きで見ていたので、まさか親に『こ ろ す』と
言われるとは思ってませんでした。今も身体が震えています。

しかし、慣れてしまっている自分もいてそれが怖いんです。
次は何を言われるのか、大体予想が付いてますから(苦笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。