一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動くことで回復する

2010.06.11 (Fri)

ご訪問ありがとうございます。





時々、寝違えで首が痛くなることがあります。





寝違えは、首の筋肉の炎症です。





ですから無理に動かしてはいけません。
無理に動かすと炎症が広がり、さらに痛みが増し首を動かすことができなくなります。






寝違えの場合、初期は安静なのです。
炎症が引くまでしばらく待ちます。





では、なぜ寝違えが起こるのでしょうか?






それは、動きが無いことで起こります。






私たちの体は、静止状態が非常に苦手です。
静止状態は、心も体もトラブルの元となります。






寝違えは、何らかの原因で寝返りすることができず、同じ姿勢の状態で首が固定されるために発生します。

例えば、ずっと右側を向いたまま数時間寝ていると、筋肉の血液循環が悪くなります。
すると、首の筋肉は、凝りから炎症へと移行していきます。




これが寝違いの正体です。





同じ姿勢での長時間の作業も同じことが言えます。
筋肉は、動きが無いことに悲鳴をあげます。





また、もう少し体の構造を詳しく見ていくと、良く動く部分と動かない部分が存在します。





それは「利き側」と「その反対側」です。





私たちの体には、通常「利き側」と「その反対側」が存在します。




利き側を上から見ていくと、


利き目


利き耳


利き噛み(咀嚼)


利き腕


利き足


があります。




あなたのそれぞれの「利き側」はどちらですか?




「利き側」と「その反対側」が体に存在するために、私たちの筋肉の働きが、右と左ではまったく違ってきます。





「利き側」は動かし過ぎ、使い過ぎなどの疲労で炎症を起こします。
その場合の痛みは、「激痛」のパターンが多いのです。





逆に利き側の「反対側」は、動きが少ないため、循環が悪くなり炎症を起こします。
その場合の痛みは「鈍痛」というパターンをとります。





炎症を起こした場合、回復が早いのは、「利き側」の部分です。
動きの少ない「反対側」の炎症の回復は長期化します。
もともと循環が悪いため炎症の回復が遅いのです。





先ほどの寝違えの話に戻りますが、
寝違えの初期は、炎症の広がりを抑えるため、できだけ動かさないようにします。




寝違えを起こすと、無理に動かす方がいます。
それはNGです。

もちろん温めることも禁物です。温めると炎症は広がります。




炎症は、熱を伴います。
その熱に熱を加えると更に炎症は広がるのです。




プロ野球のピッチャーは、投げ終わった後、肩を冷やします。
それは、筋肉疲労の炎症が広がるのを抑えるためです。




寝違えの場合、2~3日で痛みが和らいできます。
筋肉の炎症の広がりから修復に切り替わります。





この状態に入ると、今度はできるだけ動きを与えます。




要は、動かすことで血液の循環を良くします。
体の細胞は、血液の循環がなければ修復することはできません。




最終的に「回復」は、動かすことで加速していきます。




何かで体のある部分を傷めたときには、このステップが回復の基本となります。






諸行無常。

すべてのものは、常に変化し、決して同じ状態は無い・・・




やはり動きが悪い部分は、「自然の法則」に反しているため、問題を起こす確率が高くなります。





日頃から、自分の心と体について「停滞」はないか、チェックすことが大切になります。






あなたの心と体、動きの悪い部分はありませんか?





いつもブログランキング応援クリックありがとうございます。
ひとつの応援に本当に元気付けられています。この場を借りてお礼申し上げます。^^   
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。

おきてがみ

★若い頃と食べる量は変わらないのに太ってしまう→ 太る理由が痩せるコツ
スポンサーサイト

コメント

前に医療関係の本で読んだんですが
寝違えたら、脇の下を揉むと治ることが多いんだそうです。
私もやってみましたが
くすぐったくて揉んでられません(笑)
私、寝ている時、不動なのか、しょっちゅう寝違え起こし
2~3日痛みます(^^ゞ

動きの悪い部分あります^^;
やはり動かさないといけないですね^^;
参考になります。
ありがとうございました!

とんみさん

おはようございます^^
寝違えって動かないことで起きるんですね!!
今まで、動きすぎて捻ってしまってなるんだと思って
いました(^^;;
私は何年も寝違えしたことがないので、寝返りが上手に
出来ているんですねw

寝ちがえのひどいのを2年くらい前にやりました。
まったく首を動かせないひどさで、病院に行きました。
首を支えるコルセットみたいなものを着け、
治るまで2週間くらいかかりました。
あの痛みは忘れられないです(* ̄□ ̄*;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。