一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンバランスの中のバランス

2010.04.03 (Sat)

ご訪問ありがとうございます。




以前「シンメトリー」(左右対称)に関する本を読んだことがあります。




その本によると・・・



シンメトリー(左右対称)であるばあるほど優れているという内容のものでした。




遺伝子が優秀であれば、容姿をはじめあらゆる部分がシンメトリーになると言うのです。

サッカーで引退した中田選手は、(顔や体が)シンメトリーだと書いてありました。
だから彼は優秀だと・・・



一見納得しそうな理論ですが、そこには大きな間違いがあります。




なぜなら、自然界にはシンメトリー(左右対称)は存在しなのです。




自然界は、すべて非対称なのです。



人間をはじめ、多くの生命体も非対称です。



まったく同じように見えても、実は左右非対称なのです。



人間の体を見ても、心臓がやや左にあることをはじめ、骨格も内臓も右と左ではわずかに違います。



これは、宇宙に組み込まれた仕組み(法則)なようなものです。



宇宙の活動、自然界の活動、生命の活動・・・




活動には、すべて動きがあります。
そして、その動きは、すべてアンバランスから生み出されます。



地軸に傾きがあるように、

気圧に高低さあるように、

利き腕、利き足があるように、


すべてにアンバランスや非対称が存在します。
アンバランスからあるからこそ「動き」「生命力」が発生するのです。



逆にシンメトリー(左右対称)は、人工的なものです。
自然界では、存在しない形です。




もう少し人間の体で掘り下げてみると、厳格な「左右対称」は存在しないことが分かります。



よく「骨盤の歪み」とか、「人間の体の歪み」が話題にあがります。

歪みが万病の元、あるいは肥満の元と主張する人もいます。




果たして、それは本当なのでしょうか?




そもそも人間の体では、「左右対称」はあり得ないのです。




それは、なぜか?




それは、利き腕や利き足、そして利き噛みがあるからです。



利き腕とは、鉛筆や箸を持つ手です。

利き足とは、ボールなどを蹴る足です。
反対側の足を軸足と言います。


利き噛みとは、無意識に食事などを噛み砕く側です。



女性であれば、横座りをしたとき、横に向いた足の反対側が軸足になります。
軸足側のおしりに体重が乗ります。



これは、普通椅子に座っているときにも、無意識に軸足側のおしりに体重が乗っているものです。
軸側が体を支える役割があるからです。




利き手、利き足側を「動き」の役割とすると、

反対側は「支える」ための役割です。
「動き」を支えるための役割です。



字を書くときは、反対の手は台の上において上体を安定させます。


ボールを蹴る場合も、軸足で体を支えなければ蹴ることができません。



つまり、右と左では、体の役割がまったく違ってきますので、筋肉のつき方、骨格の発達の仕方が違ってくるのです。



必ず左右のアンバランスが生じます。
左右がまったく同じになることはありません。


よって骨盤に歪み(筋肉のアンバランス)が無いということは存在しないのです。




しかし、しかし、ここからが重要です。



それは、宇宙にも、自然にも、人体にも、必ずアンバランスが存在します。

でも、そのアンバランスの中には、必ず「バランス」があるということです。




常にアンバランスで揺れ動きながら、バランスを取っているということです。




対称ではなく、不均衡やアンバランスの中でバランスを取っているというこです。




そこには、「正常なアンバランス」が存在することを意味します。





しかし極端なアンバランスはよくありません。
バランスが崩れすぎては良くないのです。



体で言えば、歪みすぎてはいけないのです。
「過ぎる」とバランスをとることができなくなります。



それは、「異常なアンバランス」ということになります。




常に偏った体の使い方は、異常なアンバランスを生みます。



日常の生活では、無意識なアンバランスが必ず起こっています。
だから、意識的に適度の体操やストレッチで左右の体を動かすことが大切になります。



できるだけ「正常なアンバランス」にとどめることが大切になります。




適度な運動とは・・・


正常なアンバラスを保つためのものです。



あなたの首は、右と左どちらが向きやすいですか?


あなたの腕は、右と左どちらが回しやすいですか?


あなたの体のねじり、右と左どちらがねじりやすいですか?


あなたの足組み座り、右と左どちらが組やすいですか?


あなたの片足立ち、右と左どちらが安定していますか?



まずは、自分のアンバラスを自覚することが大切です。


☆皆様の素敵なコメントありがとうございます。
 時間の都合上、コメントに対するお返事がなかなかできませんが、皆様からのコメントに心から感謝しています。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ最後に「ポチっと」応援クリックお願いします。   
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。

おきてがみ

★若い頃と食べる量は変わらないのに太ってしまう→ 太る理由が痩せるコツ
スポンサーサイト

コメント

アンバランスの中でバランスしているって、面白いですね~
納得です。
ストレッチとかも意識的にやるといいんですね、
なるほど~

私は事故で顔がかなりいびつになったので
左右対称憧れちゃいます(´・ω・`)

とんみさん、またまた失礼いたします^^;


一見すると左右対称とレベルの高い
プレー、そんな完璧なものがあると
見せかけられそうになりますが、
実はそうでもないんですね^^

アンバランスでなんぼ。
崩れすぎてなければ、アンバランス
同士が組み合わさってバランスが
生まれる。

目が覚めるのに役立つ情報です^^b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。