一粒の感謝

あなたが発信した「一粒の感謝」は、人々を「幸福」にし、あなたの元へ戻ってきます。それが「幸せ」の法則かも・・・

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治まらない感情

2010.03.20 (Sat)

ご訪問ありがとうございます。



私たちには「喜・怒・哀・楽」の感情があります。



どの感情も生きていくために必要な感情です。



でも時々、その感情が治まらないときがあります。



ちょっとしたイライラがずっと頭の中にあって気になったり、


三日前の夫婦喧嘩で、今なおギクシャクしたりと、


なかなか感情が治まらないときがあります。




私もサラリーマン時代は、良く部下の指導のことで頭が占領されるたことがありました。
一日中部下とのやり取りが頭の中をぐるぐる回っていました。



目の前に部下はいないのに、頭の中は必死に部下を指導しているのです。
頭の中で部下を叱っています。



その頃の私は、感情を表現することがあまり得意でありませんでした。
なので、なかなか面と向かって叱ることができなかった私は、頭の中で部下を叱るのです。



なぜか寝ても覚めても部下を叱っています。



シャワーを浴びながら・・・

歯を磨きながら・・・

トイレに入りながら・・・

一人の空間になると、部下を叱っています。
一生懸命、自分の正しさを主張しています。


当たり前のことですが、非常に疲れます。


でも、治まらないのです。



こんなの疲れるから辞めようと思っても、
ついつい頭の中は、やり取りしているのです。



これが管理職の性かなと、なかば諦めていました・・・





いかかでしょうか?



個人差はあると思いますが、あなたにもそんな経験はありませんか?


ちょっとしたイライラが、頭の中を占領することはありませんか?




私たちの脳は、本当の感情を理解しないと消化できないようになっています。

ニセの感情は、いつまでも消化されずに頭の中をグルグル回ります。



これは時間の経過とはまったく関係がありません。
10年も20年も頭の中に残ります。


治まっていたつもりの感情が、何かのきっかけで簡単に頭の中を占領します。


多くの犯罪の中にも、この消化できない感情のために事件を起こすことがあります。




つまりは、私の頭の中で部下を叱っていた「怒り」の感情は、ニセの感情だったのです。
ニセの感情であるため消化できず、寝ても覚めても頭の中を行ったり来たりします。



ではでは、私の本当の感情は・・・





それは、・・・・「悲しみ」です。



自分の考えを理解してもらえない悲しみだったのです。



私は、なかなか部下を管理指導できないことに対し、「怒り」で対抗していました。



しかし、本当の感情は「怒り」ではなく、
「なぜ分かってくれない」という「悲しみ」だったのです。



管理職としては、レベルの低い思考ですが、それが私の本当の感情だったのです。




そして、本当の感情を理解すると、頭の中を占領していた部下は、す~っと消えていきます。

ウソのようですが、これが「感情の消化」の真実です。



いつもプンプン怒っていた感情が・・・

実は「恐れ」や「悲しみ」の感情であったり。



逆にいつも「悲しい悲しい」と泣いていた感情が・・・

実は「怒り」や「恐れ」の感情であたったり。


自分自身では気付きませんが、知らず知らずに感情がすり替わっていたりします。



もし、あなたの中で留まっている感情があるならば、

今一度、見つめて下さい。



何かの拍子に、ふと蘇る感情があったり、

夢の中で、良く現われる感情があったり、


それがあなた本当の感情なのか、確認してみてください。



もしかして、いつものパターンで頭を行ったり来たりする感情。

いつものように頭を占領する感情。


それは、ニセの感情かもしれません。


【お詫びと感謝】
最近時間の都合がつかず、なかなか頂いたコメントに返事ができない状態です。
大変申しわけございません。

でも、皆様から頂いたコメントは、しっかり読ませて頂いております。
皆様の素直なコメント、心から感謝します。

これからも、無理なく気軽にコメント宜しくお願いします。
この場を借りてお詫びと感謝を申し上げます。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ最後に「ポチっと」応援クリックお願いします。   
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
最後まで読んで頂いた皆様に感謝です。ありがとうございます。

おきてがみ

★若い頃と食べる量は変わらないのに太ってしまう→ 太る理由が痩せるコツ
スポンサーサイト

コメント

 とんみさん~^~~♪
こんにちは☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆

今日は、いいお天気だけど凄い嵐のような突風!

女学生は風でスカ-トが舞い上がって
男の人達は鼻の下を伸ばして喜んでいたゎo(^▽^)o 

今日も華麗に満ちた
素敵な日々でありますように・:*:・゜☆


 ♪‥美咲‥♪ 

はじめまして

とんみさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。サボといいます。

今日は今の自分の気持ちにドンピシャの記事だったのでコメントすることにしました。

一人で居ても頭の中を駆け巡る、嫌な出来事の真っ只中にいます。
表向きは怒りだと思うのですが・・・・もっとよく観察してみます。
これからもよろしくお願いします。

私もありますあります。
後になっても、数日経っても、うだうだと怒りの感情があらわになっていて
1人で舞台女優のように、あの時ああ言えば良かった、こういう言い回しをするべきだったと、
想像の中の私は、現実の私とは比べものにならないくらいに饒舌です。
でも、それを怒りだと思うからおさまらないのですね。
本当の感情を冷静に考えてみたいと思います。

コメントのレスは、いいのではないでしょうか(^ ^)
まとめての感謝の気持ちで十分伝わると思います♪

頭の中をグルグル同じ思考が回っていることありますよね~
自分の感情を正しく把握できていないからなんですね!
そういう角度で見つめて見ます。

今のとんみさんの雰囲気からは、とんみさんが部下を叱るというのが、想像できないけど。
(?(。_。).。o0O??
とんみさんも感情的になったりするんだ。
まっそれが人間ですもんね。

本当の感情




本当の感情を見つめます。






そうでした

怒りの感情の本音は、自分の中の理解されない悲しみ、受け入れられない事への悲しみでした。とても悲しくて自分の世界では信じられない様な出来事に、本当に驚き静止してしまいました。 自分の悲しみを恨みに変えて、怨念で相手を叩き潰してやろうとする生霊を出しながら。。。自分の執着心の怖さ、怨念で人も殺せてしまうかも知れない自分の怖さを過去に実感し理解していた自分は、必死にその怒りを治めようと努力しましたが治まらない。客観視できなくなっていたのです。誰かにこんな自分を叩き潰して欲しくて、自分の目を覚まして欲しくて。霊能者の人に叩き潰して頂きました。ダブルの傷でしたが、そうでもしないと自分自身を受け入れられなかったのです。
 本当に勉強になりますね。怒りは悲しみだと頭の片隅に知識で知っていれば受け入れやすいですね。 ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは^^

本当の感情ですか・・・


偽りのラケット感情では
誤魔化して発散してる
ようで実は処理出来てないんですね><


本当の自分の感情を見つけ、
認めて出してあげるようにしたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

★感謝のしらべ♪

※OFFで音楽停止

ありがとうございます

ランキング応援クリックありがとうございす。あなたの応援にいつも元気をもらっています。感謝です^^

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

おきてがみ

気軽に伝言
おきてがみ

★プロフィール

一粒の感謝の縁

Author:一粒の感謝の縁
マルチカウンセラーのとんみです。

生年月 1963年9月
     年齢:46
     出身:沖縄県

活動拠点:那覇市
     
ライフスタイル:
シングルパパ
小学5年の息子一人
できるだけ自力
心と体に任せる

趣味:
草野球、草野球、草野球、息子と遊ぶ、ウォーキング、サイクリング、ネット検索、読書、考えること、いろいろ修理、

好きな言葉:
「コツコツ練習あるのみ」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめします!

私が作成したダイエットプログラムの記事
「ダイエットの真髄」

若い頃と食べる量はあまり変わらないのに、なぜか太ってしまう。今、その理由をお伝えします。そして、その太る理由が痩せるコツです。
若い頃2

私も利用しています!

★トラウマと上手く付き合うことで人生をより楽に楽しく!
★計るだけダイエットで話題になった精度体重計。自分チェックは50g単位から!
★天気に関係なく、テレビを見ながら楽しくてきる。しかも、とても効果的なエクササイズです!
★話題の食物繊維サイリウム。しかも美味しい。ヌードル食べるなら、これおすすめ!

教えてください!

ご協力ありがとうございます。

ブロとも申請フォーム

救える命

私のクリックとあなたのクリックで救える命があります。

★携帯でブログを

QR

★最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。